助産師コラム

助産師の苦悩とは?妊婦さんの全てを受け入れるのが助産師!


 出産という大きな出来事に対して妊婦さんと旦那さんを支え、3人4脚で走りぬけるというのが助産師のお仕事です。
妊婦さんのアフターフォローも助産師の重要な仕事の一つですが、助産師が働く上で悩みや不安もあるでしょう。
今回は助産師の仕事の中での悩みをテーマにしてみました。


【妊婦さんの悲しみを受け止める!助産師の悩みとは!?】

 助産師の仕事は出産を手助けすること以外に、妊婦さんとの信頼関係をどこまで築けるかという点も重要です。
但し、助産師の方もどこまで踏み込んで良いのか、一人ひとり妊婦さんは性格も違いますからどう対応すればよいかという悩みをよく耳にします。
社会的問題や心理的苦痛をもつ妊婦さんもいらっしゃるでしょう。
そのようなとき、近くで寄り添うことができるのが助産師ですが、決して一人で抱え込まず周囲の助産師の方やカンファレンスでアドバイスを頂きつつ、一人ひとり妊婦さんの個別性をとらえ向き合っていけたら良いですね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【後輩指導で自分が経験不足?Wワークで解決!】

 大変な責任を伴う助産師のお仕事ですが、助産師の需要は年々増えていることもあり、「助産師になりたい」と考える看護師の方も増えてきています。

助産師に限らないことですが、仕事をする際には経験が重要になってきます。
後輩の指導に出産立ち合いや産前産後のフォロー、母親学級などさまざまな役割を経験することで、徐々に一人前の助産師に成長していかれる方が多いと思います。

ところがその先輩も後輩に教える役割につくと、経験を積みたいのにも関わらず分娩に立ち会う機会がなくなり始めているのが現実のようです。

解決策のひとつとしてWワークも一つの手かもしれません。
助産師として後輩の指導をしつつ、クリニック等で分娩経験を積まれる方も年々増えてきています。
また分娩経験だけでなく産後のフォロー専門で担当される方など、働き方のバリエーションが増えてきているようです。
助産師として、今後は分娩専門の方や助産師外来専門の方など役割が細分化されそうですね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら


 助産師不足は現状否めませんが、助産師さんが働く上ではさまざまな悩みがあることもわかりました。この解決策としてWワークで分娩介助の経験を積むケースも増え始めていますので、「分娩経験を増やしたい」と考える助産師の方は是非「助産師・産科ナース」で探してみてはいかがでしょうか。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ