助産師コラム

現場だけじゃない!助産師の活躍場!


 出産に立ち会う事が助産師とお話しましたが、近年、病院やクリニック以外の活躍の場が増えてきています。
それは都内に出て子育てについて誰にも相談できない環境にある母親や、子育てに悩みすぎて精神的に追い詰められている母親からの子育て相談を受ける産後ケア専門の相談所です。
今回は産後ケアとはどんな仕事をするのか、どんな所で働くのかをお話します。


【産後ケア専門!母親を守る助産師!】

 なぜ産後ケアが必要というと出産を経験した女性は心も体も大きく変化します。
育児で孤独感を感じたり、環境の変化から精神的に余裕がなくなることもあるようです。

また出産時には妊婦へのフォロー体制は整っていますが、産後ケアのフォロー体制は十分ではありません。だからこそ助産師の産後ケアは重要なのです。
産後ケアと言っても様々な種類があります。赤ちゃんのお風呂の入れ方やおむつかぶれの対処、授乳のアドバイスなど、育児の中で出てくる悩みに助産師はアドバイスをします。
また同時に、助産師は母親の健康状態や育児ノイローゼ・産後うつにならないためのアドバイスや精神的に余裕がなくなっていないかを確認します。
助産師が女性目線でアドバイスをすることで母親に安心感を与えられます。
母親にとって幸せなスタートをきれるようにお手伝いをするのも助産師の仕事ということですね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【産後ケアはどこでやるの?助産師の働く場所!】

 産後ケアを行っているのは地域の診療所や助産院、地域の保健センターでおこなっています。最近では産後ケア専門のクリニックが増えてきているのをご存知でしょうか?
産後ケア専門のクリニックでは出産後の赤ちゃんのケアも行いますが、基本的には母親のケアを中心に行います。
よく見かけるのは産婦人科やクリニックと併設されている所ですが、専門で行う施設もでき始め、中には宿泊できる施設もあるようです。
それ以外にも産後ケア専門で母親の電話相談を受けるクリニックや来訪して産後ケアを行ったりと助産師の産後ケアに注目が集まっています。
助産師としての需要と働き方に幅ができ、母親に対してどのように産後ケアするのかを考えられるようになってきています。
また産後ケア専門の助産師と言っても施設ごとに産後ケアできる内容が異なりますので、産後ケア専門で働く際にはどういう産後ケアをするのかを専門家と相談して考えて応募した方が良いでしょう。
今後需要が増えそうな助産師ですが、産後ケア専門で働くのもよいかも知れませんね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら


 助産師の活躍できる幅が広がっている事、需要が高まってきているのをお伝えしましたが、出産だけでなく育児にも母親と二人三脚で歩いていくのも助産師のお仕事です。
妊婦さんも出産し終えたらすぐに母親となる訳ですから女性目線でのフォローは必要不可欠です。母親の気持ちを考えた産後ケアを心がけたいですね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ