助産師コラム

助産師の転職は求人表のチェックが大事?求人表のチェック項目とは?


助産師として「キャリアを積みたい」・「働く場所を変えたい」等々を感じ、転職する方もいると思いますが、助産師の求人表で何をチェックしなければならないか理解していますか?
助産師一人ひとり仕事に求める条件が違いますが、病院毎でも福利厚生が異なります。助産師として長く働きたいと考えるのであればやっぱり働く環境が整っていた方がいいですよね?
今回は助産師の求人の見方やどこをしっかり見なければならないかをお話していきます。


【ここがポイント!助産師の求人表で大事な所とは?】

看護師よりも助産師は病院毎に求人の内容が一件毎に異なる事が多い為、注意して確認する必要があります。
働き始めてから前の職場と比べて「あの制度があるのは普通じゃないの?」と疑問が生じ、不本意ながら退職する事になりかねません。助産師の場合、何をチェックしなければならないかという事ですが、助産師にも夜勤する事があります。
しかし忙しい病院で働く看護師と同様に、助産師は仮眠が取れない場合もあります。また助産師は女性限定のお仕事なので女性が嬉しい福利厚生が多い病院もあり、保育所・託児所の設置をしている病院も多く見られますが、設置していない病院も中にはあるため、助産師として働くお母さんはチェックしてから応募するようにしましょう。
助産師の求人の中には寮を完備している所もありますが、マンション一棟を借り上げている所もあれば、社員寮を建てている所もありますので、新社会人の助産師として働く場合には助産師の求人表の中身を確認してから応募するのが良いでしょう。
また一般の求人と異なり、助産師の求人の中には夜食が出る所や車通勤が出来る所もあるため、自身にあった求人を見つける事が重要になってきます。助産師の転職活動は女性の為の制度が盛り沢山ですが、その代わり確認しなければならない事も多くなります。「ここで働きたい」と思う求人を是非探して下さい。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【経験を積みたいなら求人を確認!助産師のスキルアップも求人が大事!】

助産師を増す取り組みが盛んになっている昨今ですが、助産師として働き始める方に経験を積んで貰わなければ一人前の助産師とは言えません。
そして教える助産師も増やさなければなりませんが、新人の助産師に分娩経験をさせる事によって経験者であったはずの助産師が経験不足に陥るケースが増えています。これでは教える側の助産師もスキルアップができないのであればその病院に魅力を感じなくなってしまいます。
ここで転職しようと考えた時に注目して欲しいのが、助産師の求人にどのような出産を取り扱っているか、月間・年間どの程度出産件数があるのかという点です。スキルアップしたい助産師は是非確認してください。助産師の求人の多くは分娩件数の記載があります。
助産師としてスキルアップをしたいと考える助産師にとっては分娩件数が多い病院を、ライフワークバランスを大事にしたいと考える助産師の方は分娩件数が少ない病院を選択する事が可能です。
助産師としてどうスキルを身に付けていきたいか、どう働きたいかを考えて転職活動をするのをお勧めします。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら


「転職しよう」と考えた時に助産師は求人表の何を見なければならないかをお話しました。看護師と違い、助産師は病院毎に福利厚生が大きく違います。
より自分らしく輝くためにも是非自分にあった求人を探してください。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ