助産師コラム

助産師は働く場所で仕事が違う?規模で変わる助産師の働き方って?


 助産師の働く場所と言えば病院の産婦人科やクリニックで勤務する事を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし病院とクリニック、細かく言えば大学病院・総合病院・クリニックの3パターンで助産師の働き方が異なるのをご存知でしょうか?
助産師は働く場所によってできる仕事の幅が異なりますし、そこで働くメリット・デメリットが違います。
今回はこの違いについて触れていきたいと思います。


【大学病院は幅広く助産師として経験できる!】

 大学病院で働く助産師さんは、他の施設では経験できない希少症例の分娩や最新の治療などを取り扱う機会が多くなります。
もちろん大学病院でも正常分娩を行う事はありますが大学病院の産婦人科はハイリスク妊娠や異常分娩の取り扱いが多く、さまざまな経験と知識を深めたい方におすすめです。
また、大学病院で働くメリットの一つとして教育体制が整っている所が多い点です。
助産師として正常分娩を経験したいと思う方が多いですが、その前に正常分娩と異常分娩をしっかりと把握する事が一人前の助産師としての第一歩です。
助産師として臨機応変に働きたい、研修などでさらに学びを深めたいと考える方であれば大学病院で働く事をお勧めします。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【総合病院はオールラウンド?病院によってやる事が異なる助産師の仕事!】

 総合病院の産婦人科は基本的に産前から産後まで一連のケアを経験することができます。
施設の規模や特色によってもさまざまですが、正常分娩だけでなく異常分娩も扱うので緊急時にはさまざまな職種、部署と連携することができます。
幅広く経験を積みたいと考える助産師さんにはおすすめです。
自分が助産師としてどうなりたいか、どうキャリアを積んでいくかを考えた求人選びが重要になってきます。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【分娩経験をしっかり積もう!お医者さんがいない分娩とは?】

 クリニックの分娩は病院毎に分娩にこだわった所が多くなっています。
フリースタイル分娩の所もあれば、入院中の病室等にこだわりを持った所と様々です。
しかし共通しているのは正常分娩がメイン業務なので助産師としての分娩経験は豊富になります。
また軽度であれば異常分娩も取り扱うので、経験をもっと積みたいと考える助産師の方はお勧めです。
しかしクリニックでは医師がいない為、助産師が中心となって分娩を行います。
クリニックにもよりますが、多くは病院に併設されている所や提携している病院があるので、緊急時にも安心です。クリニックでは様々な判断も助産師が行うため、経験者の方にお勧めです。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら


 「助産師」として働く上で自分がどのような経験を積みたいのか、なにを優先したいのかで働く場所は違ってきます。
助産師として何処で働きたいのか、迷っている方がいましたら是非当社のキャリアコーディネーターにご相談下さい。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ