助産師コラム

助産師の現場以外の働き方とは?


 助産師の仕事内容は分娩介助や産後ケアだけでなく、様々な活躍の場が増え始めているようです。
分娩だけでなく講義や指導を専門で行う助産師の方も増え始めています。
今回は助産師の現場以外での働き方についてお話しさせていただきます。


【助産師が主役の病院?助産師外来の仕事とは?】

 これまで助産師と言えば産科や婦人科で働くのが主でしたが、助産師外来で働く方が増えているようです。
これは病院に設置された妊婦さん専用の外来で、助産師外来に訪れた妊婦さんに対して診察室で出産前のケアをするという外来です。
仕事内容については病院によって異なりますが、エコーをしたり妊婦さんの体調について確認したりと妊婦さんへのフォローを行います。

これらは助産師の主な仕事ですが、なぜ「助産師外来」があるのでしょうか?これは近年の産婦人科医不足を補う意味合いが多いようです。
また、助産師は妊婦さんや母親になり立ての女性をフォローするだけでなくお子様が1~2歳の子を持つ母親に対して子育ての相談やフォローも行います。

助産師はそのストレスを溜めない様にお母さんの話を聞く事や、子育てのアドバイスを行う事が重要です。
助産師外来は妊婦の方だけでなく、母親への精神的サポート行う重要な役割があります。

【助産師が講師?活躍の場の幅広さ!】

 助産師の活躍の場が増え、様々な助産師の働き方があるとお伝えしてきましたが、小学校等に赴き、講義を行う事もあります。
また助産師は高齢者の女性にもアドバイスをする場も出てきています。女性は歳を重ねるとホルモンバランスが変化します。
この変化で骨粗鬆症になったり、代謝系への影響が大きくなったりと体調を崩しやすくなります。女性がいかに健康的に生活するかという支援も助産学の範囲であり、助産師の重要な役割です。

このように助産師=妊娠・出産のケアというイメージが強く根付いていますが、助産師としての活躍の場が増えており、助産師の需要も増えています。幅広い分野で活躍する助産師だからこそ、どのようなキャリア形成を行うか先を見据えてお仕事選びをしていきたいですね。


 助産師としての仕事の範囲をテーマにお話させて頂きました。
1. 助産師外来では妊婦さんへの産後ケアやエコー等を行う
2. 助産師外来では妊婦さんだけでなく、子供を持つ母親への子育て相談も行う
3. 講師や女性高齢者へのフォローと活躍の場が増えている
助産師として、どういったキャリアを重ねたいかしっかりと考えてキャリア形成をしていきたいですね。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ