助産師コラム

助産師は分娩経験だけじゃない!?他に必要な経験とは?


 分娩介助は業務の中でも一番感動を味わえる瞬間と言っても過言ではありません。ですが助産師の仕事はそれだけではありません。
近年産後ケアを中心に行っているクリニックも増えてきています。今回助産師として必要な経験やスキルについてお話していきます。


【産後ケア専門の助産師?産後ケアに力を入れよう!】

 助産師は母親の産後ケアを行いますが、産後ケアのみを行うクリニックが増えています。
出産は母親の体内環境を大きく変化し、精神的にも大きな変化が起こります。そのため、産後は母親の体も回復するまで相応のケアが必要です。

助産師だからこそ、女性目線で助産師が運営するクリニックが今注目を集めています。
具体的に出産後にお子様を連れて宿泊できる施設や産後ケア専門で行うクリニックと助産師の方々が非常に活躍しています。
また近年「産後ケアリスト」という資格が出来るほど社会的に産後ケアに注目が集まっています。

出産後、母親は体力面・精神面に負担を背負いながら家事や子育てをしなければならない方々が多い為、女性だからこそ理解できる産後ケアに注目が集まっているのかもしれませんね。
産後ケアに興味のある助産師さんは様々な産後ケアを経験してみては如何でしょうか?

【種類が色々?分娩スタイルって?】

 助産師の重要な経験の一つに「分娩スタイル」が挙げられます。
一般的に有名なのが「ひっひっふー」でおなじみのラマーズ法です。

他にもソフロロジー式などフリースタイル分娩が様々ありますが、助産師として何故これらの分娩スタイルを経験していることが重要なのでしょうか?

母親はどの様に出産したいか、出産前の希望やバースプランなど希望があります。
自分が望む分娩スタイルが可能な病院やクリニックを探すケースもあります。
そのため幅広く細分化された分娩スタイルを望む母親の需要に応えるべく、助産師のスキルや経験が求められるという事になります。

だからこそどのような分娩スタイルを経験したかが助産師のポイントの一つという事になります。
分娩介助件数に目を向けがちな助産師ですが、分娩スタイルも施設ごとに特徴がありますので自分がどのような経験を積みたいかを考えながら求人探しを行ってみるのも良いかも知れませんね。


 助産師の需要は近年増えてきていますが、産後ケア専門の助産師はこれから活躍の場が増えてきそうですね。
産後ケアは社会的にも需要が高まってきています。

また出産に立ち会いたいと考える助産師であれば分娩経験だけでなく、分娩スタイルなども各クリニックの特徴に記載がありますので是非参考にしてみて下さい。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ