助産師コラム

助産師の産後ケア!需要が多い理由とは?


 数週にわたって産後ケアについての記事が続いています。助産師さんの働き方の選択肢のひとつとして注視されている産後ケア。
今回は、近年産後ケアに注目が集まるようになった背景について見ていきましょう。


【高齢出産の増加が産後ケアの需要をもたらした?】

 産後ケアが重視されるようになった背景のひとつとして、晩婚化に伴う高齢出産の増加が挙げられます
日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を「高齢出産」と定義しています。
厚生労働省の統計によれば、昭和60年からの25年間で、女性の初婚平均年齢は25.5歳から28.8歳と3.3歳上昇、第一子出生年齢は26.7歳から29.9歳と3.2歳も上昇しています。
また、2015年の統計によると、年内に出産された女性のうち、35歳以上の方は28%にものぼります。
経産婦さんも含めた人数にはなりますが、およそ4人に1人が35歳以上で出産を経験されているんですね。

 

 助産師の皆さんであればご存知かと思いますが、高齢出産は、妊娠中に病気にかかりやすかったり、流産、早産、難産になる確率が上がったりと、さまざまなリスクが取り沙汰されていますよね。産後のリスクについても例外ではなく、体力の回復に時間がかかったり、ホルモンバランスが整いづらかったりする場合もあります。
一般的に、初産婦さんは産後5日~1週間程度で退院になる中で、体力が完全に回復していない状態で退院される方も増えているのが現状なのではないでしょうか。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【「産後の肥立ち」、そのときお母さんの状況は?】

 晩婚化、高齢出産と並んで、核家族化も現代社会の問題となっていますよね。ご両親が近所にお住まいではなく、旦那さんもお仕事で昼間は不在。
赤ちゃんが生まれる直前まで仕事をしていたため、子育てのことを気軽に相談できるご近所さんやママ友も少ない……。
そんな不安の多い中で育児をするお母さんが増えてきたことから、「孤育て」という造語まで生まれています。

 

 昔ながらの言葉に「産後の肥立ち」というものがありますよね。
お産を終えて子宮が元の大きさに戻るまでに6~8週間(産褥期といわれるものですね)、また、出産時に開いてゆるんでしまった骨盤が戻るまでに3~4ヶ月かかります。
産後に無理をして骨盤がズレたまま固まってしまうと、血液やホルモンの流れが悪くなり体調不調を引き起こしてしまいます。
このように「産後の肥立ちが悪」くなることを防ぐために、かつての日本では1ヶ月はよく身体を休め、産後の疲れから回復して、日常の生活に徐々に復帰することを「床上げ」と呼んでいたようです。

 

 では、現代の日本ではどうでしょう?体調が万全でないまま退院し、赤ちゃんや自分の体調のことを気軽に相談できる人も少ない中での子育て……不安でいっぱいのお母さんも多いはずですよね。そんなお母さんのニーズに応えるべく、産後ケアの需要は高まっているのです!

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら


 日本でも近年注目を集め始めた産後ケアですが、お隣の国、韓国では2000年ごろから「産後調理院」と呼ばれる産後ケア施設が各地にでき始めました。「産後調理院」とは、産後のお母さんが1ヶ月ほどゆっくり身体を休めるための施設です。女優の小雪さんが第二児出産の際に利用したことで、日本でもちょっとした話題になりましたね。現在では「産後ケア先進国」との呼び声も高くなるほど浸透してきたようです。日本以上の少子化や核家族化が問題となっており、働く女性も多い韓国で産後ケア施設の需要があるのもうなずけますね。

 

 こうした産後ケア施設、日本でも各地にでき始めているんです。世田谷区をはじめとした自治体の行うショートステイから、旅行会社が助産師さんと共同企画で行うツアー形式の産後ケアまで、ケアの形態は広がりつつあります。時代の流れを受けて、一般の病院やクリニックでの助産師業務だけでなく、幅広い場所で助産師さんのニーズが広がっていきそうですね

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ