助産師コラム

助産師さんの求人。医療機関が欲しい人材とは?


 「妊娠・出産・育児の現場では「安心・安全」のニーズが年々高まっています。では、求人を掲載している病院やクリニックは、いったいどんな助産師さんを求めているのでしょうか。この記事では、経験とスキルという観点から、助産師さんの求人について考えてみました。


【安心して子供を産むために、助産師さんが必要】

 厚生労働省の行った調査によると、助産師さんの就業数は2006年~2016年までの10年間でちょうど1万人増加しています※1。少子化が進んでいく中で、助産師さんの需要が増大しているのはなぜでしょうか。

ご存知のように、2013年から厚生労働省は「助産師出向支援導入事業」※2を導入しました。この事業計画の背後にあるのは「少子化が進む日本において、安心して子どもを産む環境を整える」という目標です。

これは、妊娠・出産・子育てに関わる現場において、より高い専門性が求められているということです。以前は、本来助産師さんがやるべき業務を医師や看護師さんが代行するようなこともありました。しかし近年、専門知識を持った助産師さんが現場に増えていますから、質の高い医療を提供することが可能になりました。

では、お産に関わる医療機関では、どんな助産師さんを求めているのでしょうか?

※1 就業保健師・助産師・看護師・准看護師
※2 助産師さんの不足している医療施設に、助産師さんが充足している医療施設から出向という形で応援を出す事業。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【医療機関は、経験よりもスキルを求めている】

 助産師さんの立場からすると、この少子化時代に分娩経験数を増やすのは容易ではないかもしれません。大学病院等にお勤めの場合、5年間勤務しても分娩数が100例を超えるのは難しいという方もいらっしゃいます。では、分娩経験が少ないと転職に不利でしょうか?

いいえ、そうではありません。個々の助産師さんが持つ能力は、分娩数だけで測れるものではありません。もちろん、様々なお産のケース経験があれば心強いですが、どんなに経験があっても様々な状況に対応できるスキルがなければ、安心してお産を任せられないでしょう。

日本助産師会のホームページ※3の「助産師の声明・綱領」には、助産師さんのお仕事が次のように定義されています。「助産師の行うケアには、予防的措置や異常の早期発見、医学的措置を得ることなど、必要に応じた救急処置の実施が含まれる。さらに、助産師は母子のみならず、女性の生涯における性と生殖にかかわる健康相談や教育活動を通して家族や地域社会に広く貢献する」

そうです。助産師さんの専門スキルは、経験のみならず理論に基づいた実践や研究、他の専門職との交流によっても向上していきます。求人する側の病院やクリニックが求めるのは、そんな向上心のある助産師さんではないでしょうか。

※3 日本助産師会

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【幅広いスキルを持つ助産師さんが欲しい】

 医療機関が求人を出すのは、単に助産師さんの数が足りないという理由からだけではありません。命の誕生を扱う現場では「常に質の高い医療を提供する」責任があります。
妊婦さんは、妊娠の確認~出産後の健診に至るまで、何度も医療機関を受診します。その過程では、様々なケースに柔軟に幅広く対応できる助産師さんの活躍が求められています。

ある助産院で行ったアンケート※4によると、妊娠中の診察や分娩、産後のケアに助産師さんが付き添うのと付き添わないのとでは、妊婦さんや褥婦さんが感じる安心感に大きな違いがあるようです。

例えば、初産婦さんは、検診~分娩~産後に至るまでのすべてが初体験で、分からない事や不安な事が多くあります。でも、担当医師は忙しくてゆっくり話せないこともあります。そんな時、助産師さんが親切に対応し、妊婦さんに寄り添ったケアをするならば、妊婦さんは安心感を得られます。

「検診で顔なじみになった助産師さんが、分娩の時も担当だったので、すごく安心した」「当たり前すぎてお医者さんには聞けないような質問にも、助産師さんが細かく答えてくれて安心した」「検診の時、助産師さんが悩みを聞いてくれたので、気持ちがとても楽になった」なんていう話は、よく耳にするのではないでしょうか。

このように幅広いスキルを持つ助産師さんを雇うことは、後々その病院やク
リニックの評判に関わります。第1子の時に安心なお産を経験できたママは、第2子もその医療施設で生みたい、と思うものです。病院経営の観点から見ても、助産師さんが果たす役割は実に大きいと言えます。

※4 とも子助産院

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

【スキルを評価してくれる求人を見つけるには?】

 ぜひ、ご自身の持つ経験やスキルを十分に生かせる求人を探して下さい。そのために、助産師さん専門のコーディネーターのいる人材紹介を利用することをおすすめします。助産師さん専門のコーディネーターは、求職中の助産師さんの希望に合った求人先を見つけてくれます。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ