助産師コラム

助産師のキャリアパス 将来の働き方を考える


 助産師として勤務をしていると、「助産師にはどのようなキャリアパスがあるのだろう?」と、将来について考えはじめる方もいるでしょう。

助産師のスキル・経験は、一生活かすことができる貴重なものです。
特に経験を積んでいる助産師であれば、将来の選択肢は多岐に渡ります。

今回は、助産師のキャリアパスをいくつかご紹介します。
今まで培った能力を活かして、さらに人の役に立つことができる助産師を目指してみましょう。


【助産師のキャリアパス】

ハートマークを持つ両親

1.病院内で看護師長などの役職につく
同じ病院で長く勤務を続けることで見えてくるのが、助産師長などの役職につくキャリアパスです。
職位の段階は病院ごとに異なりますが、役職につくためにはまず、勤務先の病院で求められる職能をしっかり身につけることが大切です。

また、他のスタッフをまとめるマネジメント能力や、上司と信頼関係を築くコミュニケーション能力が欠かせない要素と言えるでしょう。
助産師としての能力だけではなく、上に立つものとしての人間力も必要です。

2.転職をする
「より良い待遇で働きたい」「ワークライフバランスを重視したい」「違う現場でも経験を積みたい」という助産師さんは、他の病院やクリニックへの転職を選択することがあります。

助産師として現場に携わり続けたい方はクリニックを、さまざまなお産(異常分娩など)を経験したいという方は病院を選ぶのもいいでしょう。

また、助産師さんの中には一般企業に転職する方もいます。
例えば、マタニティ用品の開発に携わったりと、助産師ならではの経験を活かすことができる職場もあるでしょう。

ただし、関連性の薄い業界への転職は簡単ではありません。
また、直接お産に携わることができなくなる点は、一般企業へ転職するデメリットとも言えます。

3.助産院を開業する
助産師さんの中には、現場での経験を活かして助産院を開業する方もいます。

お産だけを取り扱う助産院だけではなく、自宅出産のみを行う助産院やおっぱいケアや育児相談を行う助産院まで、選択肢は豊富です。

助産師として勤務する中で、自身のもっとも興味のある分野・得意とする分野を専門にするのもいいでしょう。

助産院を開業する場合には助産師で勤務してきた経験に加え、経営者としての能力も求められます。
助産師として勤務をしながら、少しずつ準備を進めておくと良いでしょう。

4.海外で勤務する
助産師の仕事は、世界中で求められています。
助産師が海外で働く際には、「JICA」や「国境なき医師団」などが有名ですが、それ以外にも個人で助産師として活躍している方もいます。

ただし、海外で助産師として勤務をする場合には、それぞれの国で資格を取得し直す必要があります。
また、語学力も必須です。「なぜ海外で勤務をするのか」という目的意識と、文化や価値観の違いを理解し、受け入れる姿勢も必要と言えます。

【多くの病院で経験を積むためにはバイト勤務もおすすめ】

ハイハイする赤ちゃん

いかがでしたか。キャリアパスを考える際には、自分の理想の働き方やどのような助産師になりたいのかを明確にしておくことも大切です。
自分の軸を作った上で、それを実現するために今すべきこと、できることを逆算して考えてみましょう。

今回紹介したキャリアパスを実現するには、多くの現場での経験を積むことがとても重要です。

転職をすることも一つの選択肢ではありますが、職位をつけることも視野に入れている場合には、アルバイト勤務で他の現場を経験してみるのもおすすめです。


単発(1日)での勤務が可能なアルバイトもあるため、本業に無理のない範囲で、他の現場でのやり方を学んでみてはいかがでしょうか。違う現場を経験することができる、貴重な機会になるはずです。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ