助産師コラム

指導が中心になっている助産師が、もう一度分娩に携わりたい時の選択肢


あなたは、助産師になってから「イメージと違った」と感じたことはありませんか?

実際に助産師として長く勤めていると、いろいろな「指導」が中心になり、当初の助産師のイメージと違う仕事をしている方も少なくないでしょう。「それでもやっぱり、分娩に携わりたい」と感じている助産師さんもいます。

そこで今回は、指導が中心になっている助産師さんのために、もう一度分娩・お産に携わるための選択肢を紹介します。


【助産師の指導とは?】

後輩の指導をする助産師・後輩の指導
長く助産師の仕事を続けている助産師さんの中には、直接お産に携わるよりも他のスタッフへの指導や管理が中心になるなど、分娩に直接携わる機会が減ってしまう方もいます。

もちろん、それらも助産師の仕事の中では欠かせないものではありますが、それでも「新しい命の誕生の瞬間に立ち会いたい」と考える助産師さんもいるでしょう。

・保健指導や助産師外来
保健指導や助産師外来、おっぱいケアなど、出産前後の妊婦さんへの指導が仕事の中心になっている助産師さんもいます。

人の誕生に関わる一連の流れ(産前産後)を指導することも、助産師の仕事の一つです。
しかし、その割合は病院内の助産師の人数や立場によっても異なり、実際に分娩に立ち会う時間が少なくなっている方もいるでしょう。

【分娩に携わるための選択肢】

赤ちゃんとお母さんの手

・希望を伝える
まずは、現在勤務している病院の上司などに「もう少し分娩に携わりたい」という希望を伝えてみましょう。
「今の病院で働き続けたい」と考えている場合には、希望を伝え、相談することも大切です。

ただし、これは確実な方法ではありません。病院の人員などの都合により、容易に希望に応えられないケースもあるでしょう。

・助産師のアルバイトをする
勤務している病院で希望が通らなかった場合には、助産師のアルバイトをする選択肢もあります。

現在自分が置かれている状況(体調や時間)を考慮した上で、無理のない範囲でアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。
普段とは違う環境から、新たに助産師の仕事に活かすことができるスキルが身につくかもしれません。

・転職する
「希望も通らなかった、でも時間的にアルバイトは難しい」という場合には、転職を視野に入れるのも選択肢の一つです。

分娩に立ち会いたい助産師さんが転職をする際には、転職先の情報収集が不可欠です。
病院によっては、現在と同じように指導的な立場を期待されることもあるかもしれません。
そのため、事前に自分の希望を明確に伝え、それを理解してくれる病院を選ぶことが転職時のポイントです。

・助産院を開業する
助産師としての経験が長くなってくると、助産院を開業(独立)する助産師さんもいます。
開業すると、自分がすべてを決める立場になるため、理想に近い働き方を実現しやすいでしょう。

ただし、開業すると助産院を維持させるための経営者的な視点も必要になります。
純粋にお産のことだけを考えればよい立場ではないため、葛藤や悩みも伴うことかもしれません。


【第三者に相談することも大切】

転職や助産師のアルバイトをする際には、勤務先となる病院・クリニックの状況を、事前に知っておくことが大切です。
しかし、ホームページや求人情報だけでは、なかなか多くの情報を得ることができないのが実情でしょう。

そこでおすすめしたいのが、助産師のコーディネーターに相談をする方法です。

コーディネーターは、あなたの希望を伺い、希望にマッチした求人を紹介してくれます。
コーディネーターを介せば、職場見学などを通じ普段知ることができない部分まで、事前に把握することができます。

もう一度分娩に携わりたい助産師さんは、一度コーディネーターに相談をしてみてはいかがでしょうか。

→ 産科・産婦人科、病院・レディースクリニックで働きたい方だけのための求人サイト「助産師・産科ナース」はこちら

  • 助産師・産科ナースとは

    助産師・産科ナースとは

    助産師・保健師・看護師・准看護師の助産師、産科・婦人科求人専用のお仕事検索サイトです。高日給、WワークOKなどさまざまな求人案件の中からご希望のお仕事をご紹介いたします。
  • お仕事をお探しの方へ

    お仕事をお探しの方へ

    • はじめての方へ
    • ご登録の流れ
    会員登録-Webから受付
    会員登録-お電話で受付
  • バナー

  • 株式会社カインド・メディカル

    株式会社カインド・メディカル 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-12 新代々木ビル5F tel:0120-935-603  〔厚生労働大臣許可〕13-ユ-304936

このページのトップへ